オーディション

 

この夏にある公演の

オペラのソリスト

本当に重要な役に選ばれました。

 

私が選ばれた役は、私が今まで歌って来た歌い方では到底歌えないような声を必要とされる役だったのです。

 

この役を神様に与えられて本当に神様の存在を強く感じることが出来たので書き留めます😊🌸✨

 

このオペラは クリスチャンになる前から

なぜだか凄く導かれて 何度も観たり

また、合唱で2度も舞台に立ち 合唱と言えども小さな役を貰ったりしていました。

凄く縁のあるオペラだなとは思っていましたが

自分がキャストをやるのならばもう少し成熟してから 今与えられた役ではない役をやるつもりでした

 

私たちの学年のオペラがその演目に決まった時は

「なぜなんだ、なんでこのオペラばっかり私の元に来るんや」

って思いになりました。

 

オーディションを受けるにあたって先生に相談すると 私がやりたい役ではない役を受けるように言われて

 

とにかくやってみるしかないと思って、練習することに決めました

その間に信仰告白もしました。

その後イタリアに行っていて 2週間ほど練習が出来ずにいました。

 

帰国後、歌ってみると なんとその役が歌えるような声が与えられていたのです私に。

本当に何度も疑いました。明日には違う声になってるんじゃないか。そんな不安もありました。

でも来る日も来る日もとにかくその役のための声やインスピレーションが降って来るのです

 

神様もしかしてこの役のことめっちゃ勉強して欲しいんだ。神様この役から逃げないでって言ってるんだ。

 

そう確信して

とにかく練習前には必ず祈って稽古を重ね

オーディションの前日を迎えました。

 

オーディションの前の日にいきなり不安に襲われ(サタンが妨害して来た)色んな人に一緒に祈って欲しいとLINEをして

その時にある友達が

「その役になって欲しいというのは祈ることが出来ないけど、神様の御心通りの人に決まるように、オーディションを受ける全てのみんなの心に恵みが注がれるように」

そう祈ってくれたのを知って

 

「あ、私自分の役を獲得することしか考えてなかった。本当に自己中心的だな。私は神様が望んでおられる人になることと、共にオーディションを受けるみんなのために祈ることを忘れてた」

その事に気付かされ 当日の自分の出番直前までみんなのことを祈りました。

 

オーディションでは神様から与えられた賜物に感謝して、心から味わい楽しみ

大胆に演じ、歌い また繊細さにも心を配れるようにも祈りました。

 

本番は、今までのように私と共に舞台に立つ私ではありませんでした

全てを神様に委ねてあるので、私はその役に仕え 私自身がその役となっていました

 

本当に神様と共に生きることを体現出来たことでした。

なんて幸せな歌人生なんだろう 神様と共に舞台にいるなんて。

 

そして結果発表のとき

審査員一致の意見で私と私の親友が1幕2幕のダブルキャストで選ばれました。

 

共に選ばれた親友はここには書き表すことの出来ないほど神様が仲を守っていてくださっていた友達で

お互いに心から喜び合える相手でした

 

審査員の先生を通して神様が語ってくださったこと

「あなたたちは その役を演じるにあたって違和感のない似たキャラクター性を出すことが出来ます。

しかし持っているものはお互いに一番足りないものを其々持っています。

ですから 互いに教えあい、励まし合い、共に成長するために分身のように大切にするように」

 

御技が凄すぎて、、、語り尽くせない、、、

とにかく神様本当に素晴らしい

感謝してもしても足りない

本当に神様は愛のお方

神様大好き〜😭💞

 

まだまだオーディションに関して神様がしてくださったことは多いですけどこの辺で。

 

アーメン✨✨✨

 

 

 

 

 

f:id:kobannu_358:20180408210223j:image

久しぶりの更新ですが。

私はH30年2月10日に信仰告白をし

クリスチャン

となりました

 

自分の人生の新しいスタートを歩み始めたばかりです

クリスチャンになった証を言葉にし書き留めます。🖌✨🌸

 

大学1年生のころ、大学の同じ門下の先輩がFBでクリスチャンキャンプで語られたことをシェアなさっていました

そのシェアを読んだ時、私がそれまで悩んでいたこと、またその励ましとなるような言葉たちが並んでいることに驚きました

「この哲学はなんなんだろう?始めて聞いたぞ。」

そんな思いになりましたが、すぐに分かりました。哲学ではなくて宗教か。キリスト教の教えなんだ

 

そこから物凄くキリスト教について興味が湧くようになりました

その先輩のFBに私の同じ科の同級生の写真が載っていたので

キリスト教ちょっと知ってみたい、、」

と声をかけたのがきっかけです

 

その友達が覚えていてくれて、クリスチャン向けの絵画のレクチャーに誘ってくれました。

そこで同じ大学のクリスチャンや他大学のクリスチャンと交わって

クリスチャン、なんていい人ばかりなんだろうと良い出会いに喜びを感じたのを覚えています。

 

その後、クリスチャンの友達が大学の声楽科やオーケストラのみんなを集めてゴスペルを企画してくれました。そこに私も参加させてもらうことになりました。

本番の舞台はKGKという大学生のクリスチャンが地区ごとに集まるイベントでした。

演奏後に賛美をしたりメッセージを聞いたりクリスチャンのみんなとの分かち合いをしたり

神様について知る機会を多く与えられました。

 

学校の聖書研究会にも入ることに決めて、積極的に学んで行くうちに 私の中で神様っているのかもという思いが徐々に強まって行きました。

 

神様について学んで1年半ほどたったある日、クリスチャンの友達とご飯を食べている時

「神様って本当にいるの?」「クリスチャン以外の宗教を信じている人のことはどう思えば良いの?」「この世のクリスチャン以外の宗教を信仰している人は救われないの?良い人いっぱいいるじゃん!」「なんで?なんで?」

の質問を沢山してしまって

その時に心に響いてくるものが何もなく、というのも私が心を完全に閉ざしていたからですが

「私がクリスチャンになることは一生ない!」

そんなことを言って友達を困らせてしまいました。

 

その日の帰り道

「私は一生クリスチャンにならないの?すごく悲しくない?」

そんな気持ちになっていました。

 

また機会が与えられてその友達の教会の夕拝に行くことになりました

そこで、また牧師先生、別の同じ大学の友達、KGKで知り合った友達などと深く話すことになり

「クリスチャンにならない選択をしきれない」という話をすると

「じゃあ、バイブルスタディでもやってみる?」

という勢いでしかない流れに わ〜わ〜 と乗り月4回ワンセットのバイブルスタディを始めることになりました。

 

そのバイブルスタディは本当に恵まれた時間で

神様を拒否した時に抱いていた疑問なんかもほとんど全て解消されました。

一緒にバイブルスタディをした牧師先生や友達から 私自身の存在が認められていること愛されていることを物凄く感じる時でもあり ファミリーのような温かさに 離れたくないという思いにもなりました。

 

初回バイブルスタディの2日後、自分自身では解決できないような問題が起きて

「これは祈るしかない!」

と思って祈ろうとしましたが、私は誰に祈るんだろう 私の分際で祈って良いのか

そんなつまづきを感じ

もどかしくもどかしくもどかしくなり

私はもう神様の存在を認めているんだな。神様と共に歩む人生を選びたいんだな。

そんな思いに気付かされ

信仰告白という歩みになりました。

 

 

突然のクリスチャンという人生の選択に

家族にも友達にも驚きを与えることになって行くと思います

でもクリスチャンという生き方はなんて素晴らしいんだろう。

本当に主イエス・キリストに出逢えて幸せだ

心からそう思っています。

 

大学のクリスチャンfamily、バイスタのメンバー、友達の教会のfamily、KGKの友達、メッセージをして頂いた多くの牧師先生、私を教会に導いてくれた英会話の先生、教会で出来た友達

 

神様によって出逢ったすべてのみんなに

クリスチャンもクリスチャンではないみんなも

心から感謝します。そして心からみんなのことを愛しています。大好きだよみんな。

 

そして大好きなイエス様に心から感謝と愛を込めて...。

 

 

これまで書いて来たブログはノンクリスチャンの時の私の思考であり

いずれ証になる日が来ると思うから消さずに残しておきます。

 

これからは神様と共に歩んで行く人生の中での出来事をブログにして行きます🤝✨💛

 

新しいスタート!!!

言葉にすること

 

 

この世に幸せな恋愛はあるのだろうか

今の私にはしばらく到底

分からない

信じられない

 

きっと自分が言えなかったからだ

もっとちゃんと言えば良かった

夜になると

 

夜になるとすごい

 

頭でも心でも

平気なのに

寝たくないって体が寝ようとしない

 

あー、戻りたいって思って

寝るときも 起きたときも

日常生活をするときも

常に心では気にかけていて

 

泣きそうになる

嬉しいけど 苦しい

プライド

 

Non vedendoti più , dovrei morire .

 

私に歌を与えてくださった神様に感謝

 

もはや歌を歌うためにこの辛い出来ごとが起きたのかとすら思う

 

今まで知らなかった感情は幸せも辛さも歌に生きる

 

歌に生き 恋に生き

 

ってそういうこと

 

私が好きな漫画の言葉

 

「僕は歌を歌うことで神様に恩返ししているんだよ

それを全部返し終わった時 僕はしぬんだ」

 

 

空虚

 

何が起きたのかも

どうしてそうなったのかも分からない

 

運命が私を何に導きたかったのかも

憧れがこんなにも儚いものだったなんて

 

目に見えないことをいくら想像したって

起きる現象はそれとは全く別物で

 

もはや誰なのかも 何をしているのかも分からず

 

ただただ悲しくて 

もう二度と と。

 

生きていると色んなことがある

ソンガク

f:id:kobannu_358:20171005220211j:image

 

韓国人の知り合いが

下ネタまで日本語単語帳を作ってたのを見て

すげーって思ってます

 

私も新たなこと始めました

 

韓国語で『声楽』は同じ漢字で

ソンガク

と読むらしい

 

始めたのは韓国語じゃないよ